勝手にご当地シリーズ第一弾!深泥池ぽっぴんたろうキーホルダー

¥ 2,200

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の送料は、配送方法によって異なります。
配送方法は、ご購入時に選択することができます。
  • レターパック

    ポスト投函も可能。追跡サービスも利用できます。

    全国一律 510円
  • 佐川ゆうメール便

    メール便

    全国一律 200円

※10,000円以上のご注文で送料が無料になります。

勝手にご当地シリーズ第一弾!深泥池ぽっぴんたろうのぬいぐるみキーホルダーです。
何かの拍子に体内が深泥池とつながって、池の藻や水と一緒に血を吐いています。

勝手にご当地シリーズとは
◯hellchocolateが独断と偏見によって選定した不思議な場所、心霊スポットなどを勝手に紹介・グッズ化して盛り上げようするシリーズのことでふ。

第一弾は「深泥池」でふ。 ◯現在第2弾発表に向けて着々と準備中でふ◯

京都市の北部にある深泥池。
読み方は「みどろがいけ または みぞろがいけ」

女性を乗せたタクシーが目的地の深泥池に到着し、後部座席を振り返るとそこに女性の姿はなく、シートがぐっしょりと濡れているだけだった・・・
という有名な怪談「幽霊タクシー」の舞台とされています。
平安時代には貴船とつながる穴が地中に空いており、貴船の鬼がやってきて悪さをするので「豆」をぶつけて払い、貴船側、深泥池側の両方の穴を塞いで地界に閉じ込めたという伝説があります。
いつのころまでか、その穴の跡に節分の豆を捨てるという習慣があったといいます。
その場所は「豆塚」とか「魔滅塚」と呼ばれたらしいのですが、現在はその跡すらうかがうことはできません。

どうやら深泥池貴舩神社がその場所ではないかと推測されています。(Tシャツの鳥居はその神社の存在をさりげなくアピール。)

ぽっぴんたろうは、いつも人間から悪者扱いされている「鬼」さんと仲良し。
マイノリティの悲哀を分け合っているらしいです。

鬼さんと仲良しだからなのか、何かのタイミングで体内が深泥池とつながることがあります。
血と共に深泥池の水や藻を一緒に吐くことも。


サイズ:8×8cm
素材:綿ジャージー・洗える綿

1点1点てづくりしていますので、サイズが多少異なったり、顔や血の出方が異なります。
世界にひとつだけのあなたのぽっぴんたろうをお楽しみください。

*在庫がない場合はご入金を確認してからお作り(出産)ますので、おやすみ(ふ定休)を含めず3〜4日以内を目安に発送いたします。ご理解いただけると幸いです。

「ぽっぴんたろう」は感情が昂ぶると、楽しくても辛くても吐血で表現します。病気ではありません。
辛い時はマイナスの感情を血とともに吐き出すので、ストレスを溜めることがあまりありません。

両性具有です。どちらかの性が表立つこもあります。
基本的には分裂して増殖します。
変幻自在なので好きな形に姿を変えることができます。
生肉または血がしたたるレア加減の肉が主食となりますが、パクチーやクスクスなおエスニックなものも好んで食べます。

何かの拍子に心霊スポットと体内が繋がってしまい、影響を受けることもあります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する